pukeko's eye

この国の事を鳥の目(飛ばない)で観察。

脱スマホ生活の代償

f:id:kiwipukekokun:20170422122349j:image
 
誰がいってるか知らない、インターネット上の噂を鵜呑みにしたり、SNS上の友だちの数やいいね!の数ばかり気にしたり、休みの日外に出かけても、どんな写真を載せようか、どんな言葉を付けようかと考えていたり。そういった事に疲れてしまい、あと月々の支払いとかすぐ落として落ち込むこととか諸々の理由からスマホを手放す事を決意。

始めは手持ち無沙汰でしたが、今ではスマホのない生活を無理せず送ることができています。今まで惑わされてきた、意味の無い事から解放され、ニュージーランドでの生活を余すこと無く楽しめているように思います。


しかし一方で
ストレスレスな毎日。その代償として、時事ネタに興味がない、新しい人間関係を築くのが億劫、服飾やメイク道具から遠ざかる自分がいました。それが私の目指してたところと思っていましたが、同時に社会から解離しているような気持ちになる時があり、定年退職して隠居生活に入った人の生活となんら変わらない事に気付いてしまったんです。
 
私はまだ、隠居生活が似合う歳でもなければ、そんなことしてる場合じゃないと。この歳で隠居生活してたら本当にその歳になったとき、隠居生活やり尽くしてるじゃんよと。働き盛り、ストレスに免疫があるうちは、ちょっとばかしの刺激が必要やなかろうかと。考え直すに至りました。
 
現に、新しい人間関係を気づくのは億劫なのに、なんとなく知らない人に話しかけたくなる衝動が一ヶ月周期で起こります。トライするため外にでちゃあ、ヒヨって帰ってきてポロリと涙を流す一日。懲りて引きこもっては外に出て、誰とも話さず帰るの繰り返し。体が鈍ってしまったけど、心はやっぱり刺激を求めてるんです。
 
私は、脳みそフニャンフニャン人間です。
私は、脳みそフニャンフニャンアラサーです。

事実なんですが、自分でアラサーっていうのはあまり好きではありません。
アラサーって響きは、なんとも古いもののような、例えるなら書き込みだらけの辞書のようなイメージがするからです。同い年の人が自分を嘲笑してそう呼ぶ事に抵抗はありませんが、自分は絶対言いたくないと思ってました。
 
でも、現状に甘えている私が、自分をあえてアラサーと呼ぶは、古い自分という意味ではなく、書き込みだらけの辞書であることを戒めるため。
古本屋だと100円で売られちゃったり、もしくは無料で軒下に置かれちゃうような代物。でも、自分が、アラサーが、そういう辞書なんだとしたら、書き込みがあるから使いやすいじゃないですか。その辞書つかわないでどうするって話じゃないですか。書き込んで捨てるのは無駄だけど、その辞書を共有したり次の人に譲ったりすることで知識の幅が広がるってもんじゃあないですかあ!!!!
 
私は世界の片隅に使い捨てられた辞書になりたくないですね。ていうか、このままでは自ら廃品になってるよな物。
自分を大切にするつもりが、自分を廃品にしようとしてるなんて!!!!!
脳みそがアップデートできてなくて、しばらく歩かず退化しちゃった足のように、フニャンフニャンにふやけちゃいました。バランスを持ってして、もうちょっとだけシュッとしたいものです。
人付き合いも、あんまり上っ面なのはもう興味がないけれど、やはり天気以外の話をする誰か、ハンさん以外にほしいのです。

そして、いままでと、これからの生活のなかで、誰かが私と同じ体験をするやもしれず、その時に私の拙い文章が、悩み解決や打開策が開けるものとなることも無きにしも非ずとかんがえます。私の辞書、すこーしなりに培って来た知識をば、使ってくれる人見つけたいですね。
という思考回路を経まして、ブログを開設した次第です。
 
わたしの拙い知識、経験でも、必要としてくださる方、歓迎してくださる方がいらっしゃることを願って更新してみます。それをきっかけとして、少し、新しい情報や知識に興味を持ち、また社会に復帰する意気込みではじめたのです。
 
ニュージーランドの生活、国際結婚、わたしの仕事について、そして大好きな散歩コースなんかを綴っていきたいと思います。
脳みそふにゃんふにゃんになっちゃった私の再成長記でもあります。
自ら行動を起こして人に会いに行けるようになるまでに成長するのが目標です。それから遠い日本にいる友人に紹介できるブログに成長させたいです。あたし、頑張ってんの!つって。
 
でもひっそりと。