pukeko's eye

この国の事を鳥の目(飛ばない)で観察。

BSP(BeSocialproject;社会復帰作戦)Vol.1


 f:id:kiwipukekokun:20170423035310j:image

昨日の夕焼けの写真をば。曇天の前日の夕方。
 
 
今回は日中やっていることをシェアしてみようと思います。
 
まず、生活の柱。仕事について。
ワーホリ時代からやっているNannyというお仕事は、現在週3回。
この仕事していると、お母さんを通して友人関係ができたりしそうじゃないですか。ところがどっこい。ママとNannyの間には大きな壁があり、なんと無く悩みは共通しないし、お子さんがいる女性といない女性とは子供の用事とは別の機会に会うって話にはならないんです。自分の子供がいない私とは話もなければ時間もない。加えて私がシャイなもんだから、公園やプレイグループといったソーシャルな場所に出向こうともニコニコしてることしかできないのです。
もう一つ掛け持ちの仕事をしようと試みたのですが、なかなか空いた日に都合よく雇ってくれる先が見つからず、週3勤務という理想の勤務体系をひとまずキープしております。
とりあえず生活ができる程度の稼ぎしか入らないのが唯一の問題です。
f:id:kiwipukekokun:20170423035758j:image

そして暇を持て余し、何をしているかというと、天気がいい日は外へお散歩に出かけます。猫が好きな方はよくされるのではないかと想像いたしますが、近所を歩いて猫に何匹出会えるかゲームをやります。

f:id:kiwipukekokun:20170423035727j:image
最近ローカル紙で、それを「cat safari」として紹介している記事を見つけました。70代の女性の方の趣味でした。そう、隠居生活の定番。てね。やめます、これ。
 

こんなのもはじめてみました。かぎ針編み。
f:id:kiwipukekokun:20170423035952j:image
ウェリントンにきてすぐのころ、家具なしの家を借りたのですがオーナーさんの計らいでソファーやベッド、テーブルチェアセットなんかをついでに貸して頂いていました。借り物を汚すまいと、黒い皮革のソファに青いベッドシーツを被せていたんですが目も当てられないほどださく、けれども借り物の寸法に合わせたソファーカバーをわざわざ買うのも気が引けて(そもそも買えないほど高く)この際だから編んじゃおうということで、編みはじめました。

ガサツな性格なもので、人様に差し上げたりお売りしたりする代物はできませんが、のんびり余暇を楽しむ一つの材料が、後に残って生活を飾るものとなるのは面白い事です。

 f:id:kiwipukekokun:20170423035917j:image

 

こんなところです。どうです?人と話さないでしょう?

ハンさんの帰りも早い関係で、隙間時間に読書やキーボードを弾いていると、一日が過ぎ去ります。
毎日楽しいんですけど、あれ、ここどこだっけ?って思う時多々あります。
 
何事もバランスが大事であると思う今日この頃です。
次回に実際社会復帰のため何をやるかを綴ろうと思います。
 

 


 日本の皆様お身体大切に。
かしこ。